忍者ブログ
CATEGORY : []
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。


2017/07/22 11 : 41
CATEGORY : [箱庭系]
Xbox360の「ドラゴンズドグマ」。

ちょこちょこと敵を狩ってたら自キャラとメインポーンのジョブランクがMAXの9になりました。

これにより、ストライダーだった自キャラは念願の「脚力」を習得。これで少しは移動が楽になるかな・・・?

で、ジョブランクがMAXになったのでいよいよジョブチェンジしないといけないのですが・・・

自キャラはストライダーからレンジャーへ。メインポーンはメイジからソーサラーになりました。

dd42.jpgストライダーよりも弓に特化したジョブっぽい

dd43.jpg回復を捨てて攻撃に特化した魔術師

自キャラは弓が大弓になったくらいでほぼ変化はありませんが、メインポーンの方はちょっと深刻。

先ず、先日拾った強い杖「ディバインステム」が装備できなくなり、新たに別の杖を購入。

そして一番の問題は回復系の魔法がソーサラーでは使えないという事。

体力ゲージの灰色の部分を回復できる「ヒーリングスポット」と、状態異常を回復できる「キュアスポット」は必須ですからね。

なので、今までサポートポーンはファイターorウォリアーを2人雇ってたのですが、これからはファイターとメイジを1人づつ雇い、メイジは特に「ヒーリングスポット2」、「キュアスポット2」それと「ファイアギフト2」が使える事を重視しました。

ソーサラーでもギフト系の魔法は使えるんですけどねー。どうせなら攻撃魔法に特化させた方がいいかな?と思ったので。

それで、自キャラとメインポーンがジョブランク1になってしまったので、クエストはやらずに宿営地あたりまで戻ります。

道中の雑魚敵は徹底的に狩りまくり、少しでもジョブランクを上げようという算段です。

しばらくしてジョブランクが4~5くらいになり、そろそろいいかなー?と思った頃に丁度近くにあった水神の祭壇跡を調査するクエストをやります。

しかしまー、レンジャーの大弓は強いですね。

「綴れ射ち2」は11本の矢をいっぺんに撃ち込み、まるでショットガンのような感じで威力も高いです。

更に一度構えればスタミナの続く限り射ちまくれるので、スタミナを回復するアイテムを使いながら乱射すればかなり凶悪。

dd44.jpgギフトがかかってると更に威力UP+派手になって爽快!

それと「流星射ち」はいわゆる長距離から狙撃するスナイパーライフルみたいなスキルで、視点もズームアップします。

視点のブレも少なく、当てやすい上に威力も高め。雑魚敵相手ならこの狙撃で殲滅できるほど強力です。

dd45.jpg狙い撃つZE!

そんなレンジャーの強さを堪能しつつ水神の祭壇跡を探索してたのですが・・・

いきなり、落ちたら即死する水の中へメインポーンが自ら飛び込んで入水自殺しちゃいました(´д`)

dd46.jpg(  Д )   ゜ ゜

原因は、リザードマンが水中にとどまってて鬱陶しかったので弓で射殺したら、どうやら何かアイテムをドロップしたらしく、アイテムを拾う傾向の強いメインポーンがそのアイテムめがけてダイブした模様・・・・

こんなアホなAIのせいでメインポーンは一瞬にしてロスト。

「リムに戻って復活させてね!」とかいうメッセージが出て、かるくブチ切れそうになりましたよ(#´_ゝ`)

幸いにも、入水自殺する少し前にセーブしてたので、一旦タイトルへ戻ってロード。

なんとか大事にはいたりませんでしたが、こういうアホな行動は控えてもらわないと、この先、足場が危ういところは行きにくくなりますねー

その後は慎重にこまめにセーブしつつ進み、途中で出てきたサイクロプスもあっさり倒してクエストクリア。

領都に戻ってマクシミリアンに報告したところ、領王に会えるようになったらしいですが、会ってしまうと今マクシミリアンから受けてる残りのクエスト2つが破棄されるようです。

それはちょっともったいないかなーと思い、領王に会うのは残り2つのクエストを終えてからにします。

んで、今回はここまで。

本当はさっさと領王に会って、話を進めてもっと先へ先へ進みたいんですけどねー・・・・

残りのクエストはどうしても気になりますし、ここはぐっと我慢して、なるべく早くクエストをこなそうと思います o(`ω´*)o




PR

2012/05/31 19 : 37
こめんと [ 0 ]
<<めてお (ノ ゜Д゜)ノ ◆ | HOME |お荷物 (゜ーÅ)>>
COMMENT
COMMENT WRITE















<<めてお (ノ ゜Д゜)ノ ◆ | HOME |お荷物 (゜ーÅ)>>

忍者ブログ [PR]